暑い夏!体を守る熱中症対策!原因と解決法

ジメジメした暑い夏が始まりました。

梅雨が明けて嬉しい反面、暑すぎてへとへとに…熱中症といえば外でなるイメージですが、実は室内でも条件によっては熱中症になってしまいます。

なにも対策しておかないと最悪取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

なので熱中症で一番大切な予防をご紹介したいと思います。

なぜ熱中症になるの?

熱中症には二大要因があります。

熱中症の原因1【環境】

気温が高く湿度が高いそして風があまりない日
アスファルトからの照り返しなど

熱中症の原因2【体の状態】

人間の体温は大体36度~37度に保たれています。しかし運動したり熱い所にいると、筋肉で熱が作られたり日差しで体温が上がってきます

そうすると発汗により体内の水分や塩分が失われ、体温調節が効かなくなりめまいや頭痛けいれんなどを引き起こしたりします。

熱中症を予防しよう!すぐ出来る対策

熱中症対策① のどが渇いていなくても水分摂取

のどが渇いていなくても水分はこまめにとっておく。スポーツドリンクなどの塩分・糖分が入ってるものは体に吸収されやすいです。塩分など過剰に摂取しないように気を付ける事も大切です。

熱中症対策② 日除けグッズを活用

外に出るときは日傘や帽子をかぶり、暑いときは無理せず日陰に入って体温を下げるよう心がけましょう。

熱中症対策③ シャワー、エアコンなどで直接体温を下げる

体温調節をするために、シャワーや濡れタオルで体を冷やしたり、暑さを我慢せずエアコン、扇風機を活しましょう。

熱中症予防に良い食べ物は?

汗をかくと塩分が失われていきます。それと同時にカリウムも汗と一緒に排出されてしまいます。カリウムには筋肉の働きを助ける効果があり、熱中症の回復には摂取しておきたい栄養素です。

カリウムが多く含まれる食材としては、
夏野菜のキュウリ、トマト、スイカ、モロヘイヤ、バナナ、サツマイモなどのイモ類、豆類では納豆などがあります。また、ビタミンB1等も多く含む豚肉もおすすめです。

まとめ

コロナウイルスなどで換気のためエアコンが効きにくかったり、マスクで暑い日が続きます。そして食欲も減ってきますが、熱中症やウイルスにも負けないよう
少なくてもバランス良く食べて万全の対策をしてお外に出かけましょう!


カテゴリー

エンタメ
映画
恋愛・占い
恋愛 タロット 占い