審判 – 正位置・逆位置の意味とアドバイス

タロットカード、大アルカナ審判のカードの正位置・逆位置での意味、恋愛・復縁・相手の気持ち・人間関係・仕事運・金運・未来・健康・イエスノーなどの悩み別のアドバイス絵の解釈キーワードをわかりやすくまとめました!

タロット占い初心者の方でもできるだけ分かりやすいようにまとめているので、是非参考にしてみてくださいね!

「審判」のカードの説明

XX. 審判
Judgement

天使はラッパを吹き、棺の中から全ての死者を蘇らせます。そして、天国に入り、永遠の生命を与えられる者と地獄に落ちる者とに分けるための裁きを行います。このカードは、ヨハネ黙示録に由来する、最後の審判がモチーフとなっています。

「審判」のカードの寓画・象徴の解釈

① ラッパを吹く天使

雲間から現れラッパを吹く天使は「ガブリエル」といわれています。天使が吹くラッパは、善人悪人を問わずすべての人を蘇らせます。

そして、蘇らせた人々のそれまでの行いによって、「天国」へ入るものと「地獄」へ落ちるものに分ける裁きを行います。これは、自分の今までの行いの成果が現れる事を意味しています

努力してきた人には、その努力に見合った結果が、努力を怠ってきた人には、怠ってきた結果が現れることを暗示しています。

このカードがポジティブな暗示となるか、ネガティブな暗示となるかは、質問者のこれまでの行いによって変わります。

また、ガブリエルは「受胎告知」の天使とも言われており、裁きの結果を伝えることと合わせてメッセンジャーとしての意味合いも持っています。ですので、審判のカードが出た場合、「知らせが入る」事を示唆する場合もあります。

② 旗のついたラッパ

天使が吹くラッパから7つの線が出ています。神の安息である第7の日など、心霊的な象徴もつ「」は、聖書において「完全さ」、「完全さ」、「完璧さ」を意味しています。そして、ラッパについている赤い正十字の旗は、太陽の象徴や救済の象徴とも言われています。

③ 蘇る死者たち

棺から蘇る人々は正規のないグレーの色で描かれています。蘇る人々は「復活」を表しますが、「」は肉体を表し、「グレーの身体」は「意識」を表します。

これは、天使の裁きがもたらす結果に関係なく、意識が目覚めることを象徴しています。そのため、失った情熱や忘れていた想いなどが再熱する「心(精神)」の復活を示唆しています。

この死者たちは、男性、女性、子供の姿で描かれています。いろいろなカードにでてくる男性性と女性性の融合による誕生を意味するとともに、「顕在意識」、「潜在意識」、「超意識」や「三位一体」なども表しています。

蘇る男性と女性、子供の姿は手前と奥に描かれているので、個人の復活だけでなく、グループやチームなどの集団としての復活と捉え、「再結成」が行われるなどと解釈する場合もあります。

④ 青い背景

棺桶と目覚めた人々が浮かぶ海は潜在意識を表します。雪山は思惟の高さを表します。空も含めて青い色は、見通しの良さや霊気な世界、未知の領域、意識などを意味しますが、ここでは深く考えなくて良いかと思います。

「審判」のリーディング考察

20という数字

20という数字は、「2+0」で「2」になることから、「2.THE HIGH PRIESTESS/女教皇」のカードとの関連性を考える事ができ、寓意からも、正十字や潜在意識を表す海、「二元性」など、共通部分を見出すことができます。

また、「20」は「10+10」「10×2」など、完成を意味する「10」の運命の輪の2重性を表すとも考えられます。審判のラッパにより、「運命の輪の答え」が決まると言ったところでしょうか。

「審判」というカード名

審判のカードは、「対立」、「調和」といった二重の意味を持っています。何かを判断するためには、それが悪なのか善かの区別をする必要があります。善と悪は互いに対立する二つの他の存在なのです。

カードに描かれている天使は預言と啓示をもたらす天使ガブリエルです。ヨハネの黙示録に出てくるラッパを描いています。赤い十字架の旗は、イエスの犠牲を象徴しています。

審判の日が来ると、イエスが復活して善良な人はイエス・キリストの国に行って幸せに暮らすことができ、悪人は地獄に落ちると言われています。

棺桶から出てきた死者は、審判を待っている人たち。イエス・キリストが降臨すると、死んだ者は皆復活して裁きを受けることになると記載されていることを表しています。その中の善良な人は天国に、邪悪な者は呪いを受けるといわれています。

青い海はラッパを吹いているガブリエルの象徴です。 ガブリエルは水を象徴している天使として知られています。

「審判」は Yes? No?【イエスノー占い】

基本的にはYES、しかしあなたの本能を信じてください

※ここでは、正位置がイエス、逆位置がノー、というイエスノー占いとは別に、カードそのものが持っている意味を解釈した場合の結果を解説しています。

「審判」の正位置

正位置のキーワード

裁判、自己評価、目覚め、更新、平穏、決定、郷愁、激しい判断、分担の責任、許し

正位置のその他の意味

・全体的に運気アップ
・復活すること、サイドのチャンス
・状況が良い方向へ向く
・奇跡的な出来事
・開放、変化、重要な変化
・一歩踏み出すと運気が変わる
・因果応報、結果、発展
など

正位置の意味・アドバイス【恋愛】

あなたには今、後悔していることがあるのかもしれません。例えば、ギクシャクしたまま別れてしまった恋人や、告白することなく離れてしまった気になる人。過去に戻れるなら今すぐ戻ってやり直したい瞬間があるのではないでしょうか。

このカードは、そんなあなたにチャンスが巡ってくることを伝えています。復活を表すこのカードは、あなたに自分に正直になることを伝えています。一度決断したことを、覆すことは勇気のいることです。

しかし人はいつでもやり直すことができます。過去を振り返らず前に進むことが常に正しいとは限りません。二人の前に立ちふさがる苦難が大きければ大きいほど、二人は絆で結ばれ、それを乗り越える大きなパワーとなるでしょう。

これまで迷っていたことに対する迷いが消え、思考がシンプルになる時でもあるので、一度クリアな状態で、今後について、そして自分の本当の望みについて、考えてみるのも良いでしょう。

正位置の意味・アドバイス【復縁】

復縁したいと願っていて審判の正位置が出た場合、良い暗示です。復縁が叶う可能性は高いでしょう。

というのも、審判が「終わったと思った物が蘇る」ことを表しているからです。審判のカードには、天使がラッパを吹き鳴らすと死者が蘇り、彼らに決断を促している様子が描かれています。まさに復縁にぴったりの内容といえるでしょう。

過去に失った物がもう一度手に入るチャンスがあなたに巡ってきています。復縁に向けて、あなたの決意は固いはずです。

あのときは何がいけなかったのかをきちんと認識しており、もう一度道を戻って未来へ進むためにすべき努力はできています。相手に真剣にやり直したいという気持ちを打ち明ければ、相手も心を動かしてくれるでしょう。

正位置の意味・アドバイス【相手の気持ち】

付き合っている相手の場合

相手の気持ちを占って審判の正位置が出た場合、相手は過去を振り返っています。相手があなたと過去に関わりがある人物である場合、あなたと復縁したい、また関係を持ちたいと考えている可能性があります。関係が現在停滞している人物の場合は、交流が復活することがありそうです。

相手が恋人である場合は、あなたと一緒にいたこれまでのことを思い、そしてこれからへとつなげていこうと考えているようです。結婚も視野に入れていると見ていいでしょう。これからも良い関係性を築いていけそうです。

あなたが片思いをしている相手の場合は、あなたに好感を抱いているようです。あなたが積極的に関わることで、関係性を深めていけそうです。

付き合っていない相手の場合

片思いをしていて審判の正位置が出た場合、あなたの恋が叶うチャンスがやって来ています。たとえ以前アプローチに失敗していても、もう一度アタックすれば良い方向への進展が見込めそうです。相手はあなたの魅力に気づきかけています。

もしかすると、あなたのことがずっと心に引っかかっており、あなたが自分にもう一度近づいてきてくれるのを待っているのかもしれません。

審判には「ターニングポイント」という意味もあります。あなたには今、決断する資格が与えられているのです。この恋を進めるためにどう舵を切るかはあなた次第。起死回生のチャンスです。勝負運が高まっている時期でもあります。自分を信じて、勇気を出して前進してみてはいかがでしょう。

正位置の意味・アドバイス【人間関係】

人間関係の悩みで審判の正位置が出た場合、人間関係は良くなっていく暗示です。開放的ですがすがしい気持ちで人と接することができるでしょう。

周囲の人はあなたに好意的に接してくれます。それは、あなたが日々を一歩一歩誠実に、そして確実に歩んできたからでしょう。あなたの頑張りを周囲は見ており、認めてくれているのです。あなたは今という瞬間を大切にし、自分の境遇や環境に感謝しながら生きていくことができそうです。

また、以前にうまくいかなかった人間関係も修復でき、合わなかった人もなんとなく雰囲気が変わっていてうまく付き合えるようになっているといったことがありそうです。周囲と良い協力関係を築いていけるでしょう。

正位置の意味・アドバイス【仕事運】

天使がラッパの音を吹き鳴らすごとく、仕事上において良い知らせが舞い込みそうです。昇給のチャンスが得られたり、成績がアップしたり、あなたの能力が周囲に認められる機会に恵まれます。特に進学や就職など節目の時期にあたる人は今後、さらに運気が上昇していくでしょう。

これまでの自分の意識を変えることがキーワードになるので、目標は具体的に設定するようにしましょう。そうすることで今の自分に足りないものが明確になり、自分の理想のステージにたどり着くことができるはずです。

正位置の意味・アドバイス【金運】

審判の正位置が出たときの金運はなかなか良好です。大事なお金は、ここぞという時に使うべきだとあなたは思っているはずです。この時期に諦めかけていたチャンスがもう一度蘇ることがあるので、それがまさに「ここぞという時」でしょう。

ターニングポイントや再起するチャンスになる出来事がありそうなので、常にアンテナを張って情報を仕入れ、自分が投資したいこと、勉強したいことにお金を使う機会を積極的に探しましょう。お得な情報をゲットできたり、臨時収入があったりする予感です。

しっかり目的を持って前進するため・生活をよりよくするためにお金を使えるでしょう。そして、出費をするときはこうと決めたら迷わずに。情報はしっかり集めるべきですが、最後の決断は自分が行いましょう。

正位置の意味・アドバイス【健康運】

健康の面では、正位置の審判は、病気が治った後の治癒と回復の期間を示すことができます。あなたは厳しい病気の時間を過ごしました。あなたは回復のために必要なすべての措置を取る準備ができています。身体は回復へと向かっていくでしょう。

正位置の意味・アドバイス【未来】

今もし、あなたが切羽詰まっているなら、今後その状況は大きな変換期を遂げるでしょう。

失敗に終わると覚悟していたプロジェクトが奇跡的に成功を収めたり、無理だと諦めていた会社への就職や転職に縁をもらえたり、これまでの状況とは打って変わって、あなたの魅力や実力が再認識されるチャンスに恵まれます。

もし今、あなたが「こういう自分になりたい」「こういうことがしたい」という夢や希望があるのなら、それを口に出したり強く願ってみましょう。強い信念がさまざまな運を引き寄せることができるはずです。

人生の悩みにおいて審判の正位置が出た場合、少し唐突にですが良いことがある暗示です。突然あなたの前にチャンスが舞い降りてくるかもしれません。あなたのターニングポイントとなるような出来事が迫っているかもしれません。

あなたはそのチャンスをしっかりつかみ取ることができるでしょう。また、一度過去に諦めたことを再び始める良い機会が訪れそうな暗示もあります。忘れていた記憶、憧れ、目標をあなたは思いだし、もう一度そこに向かって歩き出そうと思えるような出来事がありそうです。

審判は過去からの使者。解放されるチャンスを示すカード。そして、過去は未来へつながっています。あなたが生きてきた道を大切にしましょう。今の瞬間を大切にし、今できるベストを尽くせば、きっとあなたにとっていいことがあるはずです。

「審判」の逆位置

逆位置のキーワード

不平等、自己疑惑、悪意のあるゴシップ、自己意識の欠如、カルマ(業)について学びたくない、不公平な責任、誤った告発

逆位置のその他の意味

・行き詰まり、バッドニュース
・未練がましい、過去にこだわりすぎる
・再起不能、目標や目的
・状況の打開策が浮かばない
・精神的なショックを受ける
・病気の再発
など

逆位置の意味・アドバイス【恋愛】

もしかしたらあなたには、忘れられない恋愛があるのかもしれません。昔の恋人や楽しかった恋、そうした過去のことに囚われるあまり、「今」を大切にすることができないのでしょうか。

復活や再生を示すこのカードが逆位置で導かれたなら、過去を引きずることは今のあなたにとって、決してプラスには働きません。今のあなたが何より恐れているのは、全てを捨て去って一からスタートすることかもしれません。さまざまなしがらみや制約など、本来なら枷にしかならないようなことが今のあなたを安心させているのです。

本当の自分を取り戻すまでには時間がかかるかもしれませんが、傷つくことを恐れず今、前に踏み出すこと。自分の弱さも含めて受け入れることで、いつかきっと本当の意味で過去と決別することができる日が来るでしょう。

逆位置の意味・アドバイス【復縁】

復縁したいと願っていて審判の逆位置が出た場合、復縁したい気持ちは募っても、なかなかチャンスが巡ってこずにやきもきしそうです。

相手はあなたのことを今でも忘れられませんが、傷心のため気持ちは投げやりになっています。あなたも、今の状況が苦しくてたまらず、復縁をすればなんとかなるかと考えているのではありませんか。

あなたも彼も、今はまだ失った物を悔い、悲しんでいる気持ちが強いので、前向きに復縁に向けての事を考えられないようです。

今はまだ復縁をするにふさわしい時期ではないのかもしれません。冷静になって、お互いの気持ちが落ち着いてから再度考えてみてはどうでしょうか。時間はかかりますが、強い気持ちがあればいずれ復縁は叶うでしょう。

逆位置の意味・アドバイス【相手の気持ち】

付き合っている相手の場合

相手の気持ちを占って審判の逆位置が出た場合、相手は閉塞感を感じているようです。少し投げやりな気持ちで、前へ進むチャンスも立ち塞がる問題もどうでも良いと感じており、あなたに対する興味も薄れています。

このままでは、あなたと相手は関係性を深めるタイミングを逸してしまうでしょう。相手が何事にもやる気が持てないような状態なので、コミュニケーションがうまくとれず、しだいに距離が開いていきそうです。

あなたができることは、相手の気持ちを推し量ってそっと見守るか、立ち直れるように優しくサポートするかでしょう。あなたにそれほど心を砕く価値のない人物なら、放置するのも選択肢の一つではあります。相手がどのように感じるかを考えて判断してください。

付き合っていない相手の場合

片思いをしていて審判の逆位置の場合、正位置とは逆のことが起こります。すなわち、せっかくのチャンスを逃してしまったり、誰かに自分の恋の行く末を勝手に決められてしまったりしそう。勝負に失敗してしまう可能性が暗示されています。

足踏みしている間にライバルに先を越されてしまっており、間の悪い告白をすることになったり、後ろ髪を引かれながら諦めなくてはならなかったりするかもしれません。逆境に打ち勝つ行動力が必要とされています。

失敗するかもしれないという恐れが、あなたの勝負運をさらに弱くしてしまいます。タイミングが悪いことが重なりそうなので、もし恋が破れてしまっても自責の念に駆られることはありません。気持ちを早く切り替えることが大切です。

逆位置の意味・アドバイス【人間関係】

人間関係の悩みで審判の逆位置が出た場合、少し苦しい状況になりそうです。閉塞感のある空気です。あなたの中に迷いがあり、うまく人との距離感がつかめずにギクシャクしてしまいそうです。誠意を持って接しようとしてもどこかタイミングが合わず、誤解を受けて歯がゆい思いをするかもしれません。

周囲の人間があなたに対する意識が薄く、非協力的だったり最低限の会話しかしようとしなかったりすることもあるでしょう。

今の状況を打開するのはもう少し先になりそうです。頑張って周りの人に働きかけても反応は鈍いので、あなたは目の前の自分のことに集中し、雰囲気が変わるのを待つしかないでしょう。

逆位置の意味・アドバイス【仕事運】

仕事運において、審判のカードが逆位置で出たなら、これからしばらくは仕事においてやりがいを見出すのは難しく、やることなすこと裏目に出てしまい、修行の日々を強いられるかもしれません。

体調も思わしくなく、すぐに疲れてしまったり集中力が続かず、あとひと踏ん張りができません。就職活動や採用活動、受験などは、残念な結果となりそうです。生半可な気持ちで挑むと痛い目に遭うので、何か自分を試される場で挑戦する人は、準備に余念がないようにしましょう。

今は自分の考えに固執しやすく、周囲から誤りを指摘されるほど意固地になってしまいます。行き当たりばったりでその時の雰囲気で仕事や勉強をしてしまうので、成果を上げたければまず目的や目標をしっかり定めることから始めると良いでしょう。

逆位置の意味・アドバイス【金運】

金運占いで審判の逆位置が出たときは、少し注意が必要です。タイミング悪く買いたいものを逃してしまったり、迷っている内に売り切れたりとチャンスを逃すことがありそうです。

また、情報不足から間違った判断をしてしまいそうです。うろ覚えの知識や人から聞いたことを信じ込んでしまわないで、きちんと情報を確かめてから商品を購入しましょう。

損をしがちな運気なので、買いたいものはしばらく諦めて貯蓄に励むことにするのも良策です。ギャンブルも避けた方がいいでしょう。投資をするときは、誤った情報に踊らされないように。仕入れた話が正しい内容かどうか、しっかり吟味する必要があります。

また、思いがけないトラブルで出費する可能性もあります。いざという時のためにしっかり貯金しておきましょう。

逆位置の意味・アドバイス【健康運】

スピリチュアルな面では、逆位置の審判が出た場合は、あなたがカルマ(業)についての学びを忘れているか、拒否していることを意味します。

あなたがそれらを学ばなければ、宇宙はあなたにそれを思い出させるイベントを起こすかもしれません。あなたがより良く前進できるように、学びの時間をとるようにしてください。

逆位置の意味・アドバイス【未来】

今の状況に納得がいかなければいかないほど、「あの時こうしていれば今は違う未来があったのではないか」と、感じてしまうこともあるでしょう。結論からいえば、このカードは、過去の出来事や過去の栄光に思いを馳せても何の意味もないことを伝えています。

「過去にとらわれる」ことを示していることから、過去に完治したはずの病気が再発したり、とうに解決したはずの問題がまた誰かによって蒸し返されるかもしれません。また、男性なら前立腺、女性なら子宮系の病気など、特に下半身の病気に注意した方が良いでしょう。

さまざまな趣味を持っても、どれも長続きせずに終わってしまいそうなので、時間とお金の無駄遣いとならないようにきちんと計画を立てて始めることが大切です。

人生の悩みにおいて審判の逆位置が出た場合、正位置より少し落ちますが、まずまずの運勢でしょう。突然チャンスが舞い降りるという意味は正位置と共通です。

しかし、逆位置ではそのチャンスをうまくつかめず、逃してしまう可能性があります。ここぞという場面で勇気を出せなかったり、迷っているうちにタイミングを逃したりしそうです。

その結果、蘇りそうだった人との縁、復活させたかった目標、あたためてきた計画などは再び沈んでしまうかもしれません。しばらく夢の達成はお預けになるかもしれませんが、諦めずに夢を持ち続ければ、再びチャンスは巡ってくるでしょう。


カテゴリー

エンタメ
映画
恋愛・占い
恋愛 タロット 占い