死神 – 正位置・逆位置の意味とアドバイス

タロットカード、大アルカナ死神のカードの正位置・逆位置での意味、恋愛・復縁・相手の気持ち・人間関係・仕事運・金運・未来・健康・イエスノーなどの悩み別のアドバイス絵の解釈キーワードをわかりやすくまとめました!

タロット占い初心者の方でもできるだけ分かりやすいようにまとめているので、是非参考にしてみてくださいね!

CONTENTS

「死神」のカードの説明

XIII. 死神
Death

黒い鎧をまとった骸骨は、赤い目をした白馬にまたがって薔薇が描かれた黒い旗を掲げています。目の前には女性と子供。骸骨を待ちわびた司祭。白馬の足元には男性が倒れており、王冠と楽器が落ちています。背景には流れる川があり、門の向こうに太陽が見えています。

「死神」のカードの寓画・象徴の解釈

① 黒い鎧をまとった骸骨

骸骨は死を意味しています。「死=終わり」です。また、黒い鎧は、「受動性」を表し、「行動の否定や惰性を言ったマイナス面」を持ちます。一般的に「(陰性)」を示します。

これは2番の女教皇のカードに描かれている黒い柱「ボアズ」と同様に考えられます。また、「黒」は全ての色(光)を吸収します。黒にどんな色を足しても白になる事はありません。

これは、「死」は全ての生命を等しく吸収することを意味しており、「盛者必衰」栄華を極めている者にも、「いつかは必ず衰え(死や終わり)が来る」ことを意味しています。

ちなみに、2番の女教皇のカードに描かれている「ボアズ」は柱として固定されており、動くことはありません。それゆえ概念として存在していました、しかし、この骸骨は右に進んでいます、動いているわけです。ですから、概念ではなくこれから訪れる事象を示唆しています。

② 赤い目の白馬

右(未来)へと進む白馬は「再生」を表します。赤い目は強烈なパワーを表しており、白馬が骸骨と同等の力をもつことを意味しています。

白馬は、2番の女教皇のカードに描かれていた白い柱「ヤキン」同様の意味を持ち、「能動性」を表すとともに「物事のプラス面」を強めます。また、一般的に「光(陽性)」を示します。

「白」は全ての色(光)を反映させます。それゆえ「白」には純粋、純潔などの意味の他に、「無」の象徴とも据えることがあります。

黒い骸骨と白い白馬は、これまで何度も出てきた二元性を色濃く表しており、骸骨によって終わりがもたらされた後に、新しく誕生(再生)する命があるということを意味しています。

③ 黒い旗と薔薇の模様

黒と白は骸骨と白馬と同様に「死と再生(誕生)」を意味しており、二元性を持っています。また、旗に描かれている五枚の花弁を持つ白い薔薇は、生命力を表します。

しかし、よくみるとこの白い薔薇は、五枚の花弁は逆さに描かれており、生命が終わりへと向かっていることを表しています。

④ 倒れている男性

白馬の足元に落ちている王冠は男性の頭から落ちたものでしょうか?王冠がすぐ側にあることから、この倒れている男性は「王様(権力者)」を据えたり王冠(権力)にこだわった男性とも据えられます。

占い師によっては4番のカードの「皇帝」だとも解釈されます。どんなに地位や権力、財力をもっていても、「死は等しく訪れる」という意味に変わりはないので、王様とか4番の皇帝などにこだわる必要はありません。

⑤ 司祭と目をそむける女性と子供

この司祭は命乞いをしていると解釈される場合もあれば、死を受け入れる姿と解釈される場合もあります。興味深いのは血の涙を流しているところ、希望や未来を表す「黄色」のローブと帽子を身につけているところです。

様々な解釈がありますが、この司祭は、目の前の状況が終わりへと向かっていても、情熱と強い決意があれば、再び希望となる未来が訪れることを意味していると据えています。その後ろには太陽も昇っていますしね。

死神から目を背ける女性は、現実を受け入れうことができていません、幼い子どもは、女性と逆に白い花を骸骨に差し出し、全てを受け入れています。

目の前の状況に終わりが迫っているからと言って、それを素直に受け入れることが出来る人もいれば、受け入れられない人も居ます。なので、相談者さんがこの目を背けている女性と同じように現実を受け入れたくないと思うことは、ごく自然なことかもしれません。

⑥ 門と太陽

門は二元性を表します。終わりと始まり、破壊と再生、闇と光などなど。また、この門の前に広がる風景は死者の国で門の向こう側へ行くことで死者の国を通り抜けることが出来ると解釈されたりしています。

門の向こうに見える太陽はこれから昇るのでしょうか?それもこれから沈んでいくのでしょうか?

太陽が昇るなら新しい始まり、沈むなら終わりとなりますが、太陽は常に昇りますし沈みます。終りがあるから始まりがあり、始まりがあるから終りがあることを意味しています。

⑦ 子供の前にあるホルン(楽器)

魂を導くと言われているホルンですが、白馬の足元に転がっているだけで、今はまだ使用されていません。ホルンの音が鳴り響く時、新しい始まりが訪れます。

⑧ 背景の川

流れる川は「変化」を意味します。そして、川の水はやがて海へと流れ着いた時、「新しい生命」が誕生します。

「死神」のリーディング考察

13という数字

13という数字は、不吉な数字として有名です。キリストを裏切ったユダが13番めの弟子だったとか、最後の晩餐のときにユダが13番めの席についたなど言われています。

また、歴や時間、方位など、この世の理を表す数字のひとつである「12」を超えることで、調和を乱す数字とされたりもしています。しかし、死と再生を意味する死神のカードが「13」であることは、「12」でひとつの調和が終了し、また「1」から「新しい調和」へ向かうと考えるのが自然だと思います。

「死神」というカード名

大アルカナ22枚の中でも、引きたくないと多くの方が感じるであろうカード、それが「死神」のカードではないでしょうか。白馬にまたがった骸骨が、すでに亡き者になった人々の上を闊歩しています。

このウエイト=スミス版に描かれた死神のカードは、中世期にヨーロッパで大流行した死の病、ペストにインスパイアされていることは想像がつくのではないでしょうか。

当時の人々にとっては死は遠い存在ではなくとても身近であり、抗うことのできないものであることが分かります。しかしこのカードには昇っていく光輝く太陽も同時に描かれています。それはつまり死はただの終末ではなく、再生の意味もあることに他なりません。

人生は選択の連続です。人は日々何かを捨て、他の何かを選び取ることを繰り返しています。そうした意味では、日常の中で小さな死は常に繰り返されているのかもしれません。死を経ることで人は再生し、新しい自分に生まれ変わることができるのです。死神のカードは、私たちに過去との決別を伝えているのかもしれません。

「死神」は Yes? No?【イエスノー占い】

NO

※ここでは、正位置がイエス、逆位置がノー、というイエスノー占いとは別に、カードそのものが持っている意味を解釈した場合の結果を解説しています。

「死神」の正位置

正位置のキーワード

霊的な変容、新しい始まり、放棄、終わり、変化、変遷、突然の予期せぬ激動

正位置のその他の意味

・恋は終わりに向かう
・今の付き合い方を見直し、大きく変えると吉
・悪縁を切ることが出来る
・髪型や服装などを変えてイメージチェンジする
・プロジェクトの終焉
・業績の好調不調に関係なく衰退する
など

正位置の意味・アドバイス【恋愛】

恋愛や結婚において、死神のカードが出た時、二人の気持ちはすでに冷え切ってしまっているのかもしれません。片思いである場合、相手の気持ちはすでに心変わりをしてしまったことを示唆しています。

おそらくあなたとしては、いきなり相手の態度が変わったように感じる場合もあるでしょう。心当たりが何も思い当たらず、苦しい日々を過ごしているかもしれません。

しかし、今の二人の状況は、一緒にいても疲弊し消耗するだけで、生産的な関係とは言えません。二人の関係は周囲から歓迎されるものではなく、あなたを取り巻く人たちからの反対にあうことも考えられます。

今は相手との距離を詰めようとすればするほど逆効果にしかならない時と言えます。一旦距離を置き、冷静になる時間をつくりましょう。

正位置の意味・アドバイス【復縁】

復縁占いで死神の正位置が出た時、このままいけば二人の縁は終わっていくでしょう。相手はあなたに未練はなく、恋が終わったことをあるがままに受け入れています。感傷にひたることもなく、したがって復縁を願っていることもありません。

この恋を再開するには多くの苦労が伴うでしょう。それを覚悟して進む道もあるでしょうが、ひょっとしたらこの縁の切れ目が新しい出会いを生み出しているかもしれません。

終わった恋を引きずり悲しむよりも、一つの物語が終わり、あなたの前に横たわった次の物語のページをめくる方が前向きな気持ちで未来へ向かって進めるのではありませんか。

正位置の意味・アドバイス【相手の気持ち】

付き合っている相手の場合

相手の気持ちを占って死神の正位置が出た場合、相手はあなたへの興味を静かに失っていくところでしょう。

「死神」といえど、実際に死ぬことを表しているわけではありません。死神が意味するのはものごとの終焉と、新しい展開の始まりです。死神がもたらすエンディングは悲しみや痛みが伴うかもしれませんが、希望のあるスタートでもあります。

無理に相手をつなぎとめようとしても、それは徒労に終わるでしょう。あなたも相手を引きとめず、割り切って新しい物語へ向かって歩き出すべき時なのかもしれません。

片思いの場合は、あなたに対して全く意識が向いていません。悪い印象も良い印象もないまっさらな状態なので、あなたから積極的にかかわって行けば恋が始まる予感があります。

付き合っていない相手の場合

片思いの悩みで死神の正位置が出た場合、相手はあなたに対して興味が薄いようです。あなたの想いは一方通行のまま停滞し、このままいくと消滅してしまうかもしれません。

あまりにも片思いの状態が長引いているなら、諦めることも視野に入れた方がいいでしょう。あなた自身も恋の熱に冷め始めており、潮が引くように恋い焦がれる気持ちが消えていくことになりそうです。

この恋が終わっても、新しい恋が始まる可能性は大いにあります。次の恋では今の恋でできなかったこと、諦めたこと、うまくいかなかったことなどを教訓にして、理想に近い恋愛の形を築いていけそうです。次のチャンスにかけてみるのも手です。

正位置の意味・アドバイス【人間関係】

人間関係の悩みで死神の正位置が出た場合、ほかの人に興味を持てず、淡々と孤独に過ごす日々となりそうです。

孤立させられるわけではなく、ただ自分が他人と接触することの楽しさや嬉しさをあまり感じなくなったり、一人でいる方を好んだりして、自然と他人から距離を置くようになってきそうです。

その方があなたの心が落ち着き、安定して過ごせるなら、気のすむまで孤高を貫くのが良いでしょう。深く悩むことなく、機械的にすべきことをこなして気楽に過ごすのが楽かもしれません。そうするうちに徐々に人恋しさが戻ってきます。

正位置の意味・アドバイス【仕事運】

仕事や学業において死神のカードが正位置で出る時、あなたは今何事にもやる気が起きない状況のようです。転職や退職など、人生の節目が訪れているのかもしれません。しかしこの時期における選択は、あなたにとってあまり前向きなものとは言えないかもしれません。

仕事においては、いきなり周囲の態度が変わるなど、自分でも理由のわからない待遇を受けてしまうことも考えられます。学生ならば成績はスランプを迎えてしまい、打開策が見つからないままイライラしてしまうかもしれません。

死神のカードのキーワードは、「突然の変化」。しかしそれは急に変化したように見えるだけで、実は前々から伏線があったはずです。

あなたにとっては、運気もタイミングも悪い状況と言えますが、良くない結果を受けて、その理由を自分の中で振り返り反省を生かすことができれば、チャンスとなり得る時ともいえるのです。

正位置の意味・アドバイス【金運】

金運を占って死神が出た場合、かなり悪い運勢です。あなたへ向かうお金の流れはパタリと途絶えてしまいそうです。

まず、あなたの金銭管理のやり方を一から見直すべきでしょう。今までのやり方では追い付かなくなっているほど、現状が変わっているかもしれません。もしくは、何かとんでもない無駄が見つかりそうです。

また、あなた自身にお金を使っても得られる満足感や感動が少なく、つまらなく思えて経済活動をやめたくなるような感覚があるでしょう。お金を使うことに疲れや飽きを感じるかもしれません。本当に欲しいものが出てくるまで買い物は控え、つつましく貯蓄しながら生活した方が賢明でしょう。

正位置の意味・アドバイス【健康運】

健康の面で死神のカードが出ても慌てないでください。死神のカードはごくまれにしか物理的な死を示しません。あなたの健康が決して改善されないような気がしていたら、正位置の死神のカードは変化が起こっていることを意味します。ただし、その結果を判断するためには長い道のりが必要になります。

あなたの健康状態が悪く、悲観的になっている場合は、あなたの考えや態度を変えるようにしましょう。あなたが病気だとしても、毎日ポジティブなものを見つけましょう。

また、別の食生活、ホリスティックセラピー、またはエネルギーの癒しのような、これまでしたことがない新しいアプローチを試すこともできます。あなたの現在の状態が一時的であることを知ってください。その病気は改善されます。

正位置のアドバイス【未来】

未来を占う中で死神のカードが正位置で出た場合、これから急激に運気は下り坂へと向かっていくでしょう。体調は思わしくなく、突然の病に襲われたり不慮の事故に遭ったりと災難が続いてしまうかもしれません。それに伴いストレスを感じたり、不安が募るでしょう。

まさに苦境といった状況で、心理的には逃げ場がなく、八方塞がりの状態となってしまうことも考えられます。今はただ、新しい分野へのチャレンジは控え、「無理をしない」ことを大切に日々のやるべきことに集中するべきです。

普段とは違う行動、例えば旅行やお出かけなども、なるべく控え、ルーティンワークに接する方が無難と言えるでしょう。

しかしこのカードが出たなら、今はまさに「底」とも言える状況であり、それはつまり「これより下はない」という意味でもあります。

今の状況を嘆くよりも、これからどう上がっていくかに心を切り替え、前に進むことだけを考えて日々をなるべく穏やかに過ごせるように工夫してみましょう。

「死神」の逆位置

逆位置のキーワード

前進できない、初めの恐れ、否定的なパターンを繰り返す、変化に抵抗する、依存する

逆位置のその他の意味

・進展しない関係が続く
・いずれ別れるが、いったん元サヤに戻る
・未練が断ち切れず、なかなか次の恋へ進めない
・古い体質から脱却できない
・引き際を見極められず赤字が膨らむ
・ピンチはしのげるが、根本の解決にならない
など

逆位置の意味・アドバイス【恋愛】

一般的に、タロットカードが逆向きで出る時、その意味合いは良いものとは言えないことが多いのですが、死神のカードは少し異なります。死神のカードが逆位置で出た場合、恋愛や結婚においては「復活」を示しています。

冷え切った二人の関係、あるいは状況的に見込みがないと諦めていた関係が好転します。離れてしまった二人の関係が、互いに相手への信頼を取り戻し、元の楽しかった頃のように戻るかもしれません。昔の知人と再会し、恋愛感情を抱くということも考えられるでしょう。

死神のカードが逆位置で出たなら、二人の関係はじっくりと想いや信頼関係を育むプラトニックな恋愛です。派手さはありませんが、一途でひたむきな真実の愛が、相手にも伝わるでしょう。

逆位置の意味・アドバイス【復縁】

復縁占いで死神の逆位置が出た場合、復縁は叶いそうな予感があります。あなたが心から相手を愛し、別れてしまったことを後悔し、復縁を望むなら、積極的に相手に再会を望むアプローチをしてもいいでしょう。

相手もまだあなたに未練がある状態です。終わった恋が忘れられずに、まだやり直せる余地があるのではないかと考えているところです。

ただ、死神の逆位置には執着・未練という意味があり、終わったことをネガティブにとらえて前へ進めていない状況もあらわすことがあります。

後ろ向きな理由、たとえば他に相手がいないからとか、自分が寂しいからとかいったことで復縁を望んでいるのであれば、いずれ同じ過ちを繰り返す恐れがあります。

逆位置の意味・アドバイス【相手の気持ち】

付き合っている相手の場合

相手の気持ちを占って死神の逆位置が出た場合、相手は無気力で重い気持ちのようです。あなたとかかわることに億劫さを感じ、できれば今はあいまいなままにしておきたいという感情がうかがえます。

あなたに対して後ろ暗いことがあるとかいったような明確な理由があってのことではなく、ただなんとなくやる気がない、勇気が持てないといった状況下にありそうです。

今、あなたと相手の仲が良くない状態であるならば、やり直したいけれど積極的に動けないでいるのかもしれません。仲が良い状態であれば、マンネリ感やダラダラした関係性を感じているという解釈ができます。

あなたから積極的にはたらきかけを行い、楽しいことへ誘ってみると、相手は動き出すきっかけをもらえたと感じて関係は進展するかもしれません。

付き合っていない相手の場合

片思いで悩んでいて死神の逆位置が出た場合、思いが成就しないことは分かっているのに惰性で恋を続けてしまいそうな暗示です。アプローチすべきチャンスを逃してしまい、悶々としているうちに相手に恋人ができるなど、恋を諦めざるを得ない決定的な事態が起こるかもしれません。

しかしそんなことがあっても、あなたはここまで続けた片思いだからと、なかなか恋心を捨てられずに未練を引きずってしまいそうな予感があります。

諦めるかどうかで葛藤に悩むでしょうが、あなたは過去に引きずられているだけ。新しい恋、次の出会いを探しに進んだ方がよほど賢明です。

逆位置の意味・アドバイス【人間関係】

人間関係の悩みで死神の逆位置が出た場合、特に大きな変化は起こりません。良いことも悪いこともなく、無難に過ごす日々になるでしょう。退屈さやマンネリ感はあるかもしれませんが、あなたにそれを打破するようなせっぱつまった気持ちも、やる気すら今は起きないでしょう。

なんとなく理不尽なことや居心地の悪い感覚はありますが、耐えられないこともないレベルです。じっと耐えてやり過ごす毎日となります。

どうしても変えたいと願った時は、一念発起して行動を起こすのが良いでしょう。あなたがじっとしているのでは状況は変わりませんが、動き出せば流れは変化します。あなた次第だと言ってよいでしょう。

逆位置の意味・アドバイス【仕事運】

仕事や学業において死神のカードが逆位置で出た時、不吉な死神のカードの意味は、一転して良い意味となります

これまで状況としては滞っていたことの見通しがついたり、やり直しのチャンスを与えられるかもしれません。なかなか結果が出なかったことも、徐々に努力が形となって表れることを示しているのです。それに伴い忙しい日々になるはずです。

特にこれまで挑戦していなかったことや、新しい分野にチャレンジすることにツキがあります。この時期は過去の悪習慣を断ち切り、新しい自分に生まれ変われる時ともいえます。これまでの自分と決別し、なりたい自分になるために必要なことを書き出し、一つずつそれを実践していきましょう。

逆位置の意味・アドバイス【金運】

楽しいことばかりを優先してしまい、収支のバランスが崩れていませんか?「愚者」のカードは少し遊びに浪費しすぎな時に出たりします。

それは本当に欲しいものですか?買う前に一旦冷静になって、本当に必要な出費なのか考えましょう。欲しくもないものに無駄にお金を使わないように要注意です。今、自分には何が大切なのかをよく考えて、お金は堅実に、計画的に使うようにしましょう!

逆位置の意味・アドバイス【健康運】

健康状態では、逆位置の死神は、あなたは健康問題の改善に取り組むことに抵抗しているか、治療において消極的であることを示しています。もしかしたら、あなたは自分の健康状態が深刻であると考え、それを治療することを諦めているのかもしれません。

たぶん、特定の種類の病気に対する恐れがあり、結果として検査を避けてきたのかもしれません。しかし、しっかり検査を受けなけらばなりません。それはあなたに新しいエネルギーを与えるでしょう。

逆位置の意味・アドバイス【未来】

死神のカードは逆位置で出た時、それはとても幸運な一枚となります。これまで鬱々と過ごしていた人も、運気の低迷期を感じていた人も、このカードが出たからにはそうした日々は終わりを告げることを伝えています。

今は再生の時。まだまだすっきりしない気分を抱えている人もいるかもしれませんが、今は思い切って方針を変えるタイミングといえます。

まずは初心に返り、まだ何も出来なかった昔のころを思い出して、年下の知人たちから学ぶつもりで一からやり直してみましょう。そうして得た新しい気づきが、これからのあなたの糧になるはずです。


カテゴリー

エンタメ
映画
恋愛・占い
恋愛 タロット 占い