子供や妊婦さんにもやさしいノンカフェインのお茶とは?

なぜ妊婦さんにカフェインはいけないの…?

実は「カフェイン=悪」ではありませんが、妊娠中にカフェインを摂取してしまうと流産のリスク低体重児のリスクが高くなってしまいます。子供だと覚醒や興奮作用など、大人よりも影響を受けやすくなってしまいます。

妊婦さんにカフェインはどのくらいならいい?

一日どの位飲んで良いのかは基本的に厳密に決められてはいません。国際機関例えばWHOでは妊婦のコーヒーの摂取量は一日3.4杯とされており、また英国国際食品基準法では一日マグカップで2杯程度とされています。コーヒーだけではなく紅茶、コーラ、ココアなどにも含まれています

安心して飲めるノンカフェインの飲み物!

子供も妊婦さんも水分はとても大切!気にせずたっぷり飲みたいですよね。

ノンカフェインの飲み物【麦茶

一年を通して飲める代表的なお茶。暖かくても冷たくても香ばしい香りがして
ごくごく飲むことができます。

麦茶には体温を下げる働きや、血流を改善する作用もあるそうです。暑い夏では、砂糖や塩分を入れて飲む方法もあります。

ノンカフェインの飲み物【ごぼう茶

ごぼう茶には食物繊維が豊富に入っており、便秘改善にも良く血液をサラサラにする効果がのぞめるといわれているので、肩こりや冷え性にも良いそうです。

ノンカフェインの飲み物【ルイボスティー

ルイボスティーは紅茶や緑茶などのチャノキではなくその原料となるルイボスは
マメ科の一種です。見た目は紅茶のような色をしていますがすっきりとした味わいです。

ルイボスティーには活性酸素を抑えることで老化防止作用が期待でき、血流や血管の働きを強化してくれる効果もあるそうです。

ノンカフェインの飲み物【ほうじ茶

リッラクス効果がありビタミンCも豊富に入っており、美容にも効果的。さっぱりとしているので食後もお茶にも。しかしほうじ茶少量ですがカフェインが入っています

ノンカフェインの飲み物【たんぽぽ茶

聞きなれないお茶ではありますが、こちらはタンポポから抽出されるエキス使用しています。利尿作用がありむくみの改善が期待できるそうです。冷え性の方にもおすすめです。

タンポポ茶は母乳の出もよくする効果があると言われているので出産祝いのプレゼントとしても人気があります。

まとめ

他にもハーブティーなど色々なノンカフェインの飲み物がありますが、無理せず体に良いものを自然にとっていけると嬉しいですね。ノンカフェインではありますが過剰摂取には気を付けて、心配であれば主治医に相談するとよいと思います。


カテゴリー

エンタメ
映画
恋愛・占い
恋愛 タロット 占い